おはようございます。

今日は働き方とお金について。

 

建築設計の会社の多くはブラック企業です。休日もかなり少なく、長時間労働は当たり前、残業手当がない会社もかなり多くあります。リスクも高く高度な仕事をしているにも関わらず、スタッフの時間あたりの給料は低い会社が多いです。

過去、私は手当もボーナスもなく、昇給や休日もあまりなく働いてきましたが、自分に能力がなかったのでこれは仕方ない事だと思っていました。でもこれからの若い人たちに同じ環境を押し付けるのは違うと思います。社会や業界のせいでなく、経営者がちゃんとしなければいけないのだと思います。

いろいろ学びに行き、毎年労働環境を改善しています。来年度からは社員は希望すれば年間の約三分の一は休める会社とし、残業時間の削減、退職金積み立て、子育て手当、毎年昇給、託児ルーム新設など毎年計画を立てて少しづつ良くしていきます。実現するために、応援してくれるパートさんや社員を増やし、年間の数を制限し完全予約制とします。相見積もりや採算が合わない仕事はなるべくお断りし、誠実に正直な見積もりを出していますので値引きをやめます。

また仕組化から業務効率を高めたり、信用やブランド価値を毎年高め、関わるみんながもっとWIN-WINになれる組織を実現化させます。

お金は、私たちが積み上げてきた経験や知識、実績や労務に対しての報酬であり、費用に対し納得していただける同士で契約し取り組むことが大切だと思います。その為には価値を高め続け、沢山の人に喜んで頂く為に毎日積み上げていきます。