素材へのこだわり(畳)

うちではすべての素材にこだわりを持っています、今回は畳について話をさせていただきます。

畳といってもいろんな種類のものがあります。

12485797_941898072567614_1637052779513763480_o

大きくはいぐさを使用したものとそうでない物に分かれます、うちではより快適な環境を求めていますので調湿効果や空気浄化作用や香りがよい い草を使った畳を使用することが多いです。

い草を使用したものにも大きく2つに分かれており、国産材(主に熊本産)か中国産に分かれ価格は中国産のほうが安く一般メーカーさんは中国産を使用されているケースがかなり多いく国産を使用している方は全体の2割前後と聞きました。

国産も中国産も素人が見た目には大きく変わりませんが、ござの厚み折り込み数中の編みこむ糸の素材や本数に違いがあり、国産のもののほうがしっかりしていて肉厚があるものが多いですし、さわった感触のよさだけでなくしっかりしているのでいたみにくく長持ちしやすく、い草のや生産者や場所も公開されており農薬にも気をくばって育てていますので安心です。

価格は畳のランクにももよりますが1枚で4000円前後、表替えの場合は1500円前後の差額が出ます。

これが安いと思うか高いと思うかはそれぞれですが、長年使用しその空気をすったり肌でさわっていることや寿命の長さを考えると国産のいいものにしたほうがよいと私は感じるのでお勧めしています。

うちでは畳の素材だけでなく技術力や畳屋さんのこだわりのさで仕上がりの精度が大きく違いますので畳にこだわりと情熱をかたむけいい仕事をしてくれる朝日町にある畑畳店(一級畳制作技能士)にお願いしています。

12548891_941898069234281_8300330733146044198_n

正直説明しなければお客様に見えない部分かもしれません、安く探せば何でも手に入る時代ですが本物の素材でありなおかつ自分の家でも使用したいと思えるものでなければお勧めしたくないので、多少高くてもその分会社の経費を節約し中身の完成度や素材にとことんこだわっていきます。

ちなみに我が家も畑さんのところのこだわりの畳ですが脚触りもクッション性も香りも最高です(^-^)