2018年 9月

大規模リノベーション 

現在工事中の大規模リノベーションの現場です。

今回は、建物の補強、耐震性を高め、災害のリスクを下げるための地震の揺れを半減させる制振装置をつ

け、断熱を高め、2階に若い世代の新居として増築。かなり大掛かりな工事です。

古い家は、どうしても耐震性が悪いのが問題となり、直すにも工事も費用も大変なことになります。

職人の技術と経験値の高さが必要です。

現場のすり合わせも多く、手間がかかり生産性効率もかなり落ちますが、古い物を再生し大切に使っていく

ことは良いことだと思います。

古いものを大切にすることが好きなので、お客様のご要望があれば、今後も取り組んでいきます。

 

卒業おめでとう!

昨日は朝日町地域おこし協力隊「池田まゆちゃん」の送別会でした。

以前の朝日町の地域おこしは、任期途中でやめられる事が続きましたが、町の対応や皆の意識も少しずつ変

化し、まゆちゃんが道を切り開いてくれ、最後まで勤め上げてくれました。

協力隊の人数も徐々に増え、これから卒業者が順番に出てくる町となり、定住する方も出てきそうです。

 

地域おこし協力隊制度については、賛否両論あるかと思いますが、私は彼らにとって無駄ではなく、人と人

とのつながりから学び、成長している事を感じることができました。また町民にとっても、笑顔になる機会

が増やせたのでないかなと思います。

イベントを開いてくれた伊藤君やまいこちゃん、そしてまゆちゃんを見て、3年前は見えていなかったこと

が多かったけど、気付くことが増えていてすごい成長を感じました。

まゆちゃんの「また朝日町に来たい!貢献していきたい!」との気持ちを聞いて、そういう仲間が増え、よ

り多くの笑顔をつくりだせる好循環が広がっていくように、これからもいろいろ取り組んでいこうと思いま

す。

木の家設計グランプリ2018

先日「木の家設計グランプリ2018」に参加させて頂きました。

全国から沢山の学生の住宅建築作品が、会場である京都造形大学に集まり、日本を代表する建築家や有名造

園家、有名工務店の方々に交ざらせて頂き、審査させてもらいました。

学生からの直接プレゼンはとても楽しく、積極的な子が多くよい刺激に、また建築家の視点や学生へのアド

バイスも参考になります。自分が学生の時と違い、古い建築を利活用した提案も増えています。

 

過去何度かお会いした、考え方とセンスに共感する有名建築家の先生たちと再会でき、家印の建築を評価し

て頂き、おかげ様で家印がここまで成長している事への感謝の気持ちを直接伝えることができました。

また、全国で活躍されている有名工務店の代表の方々ともつながりました。

宴会の帰りは、師匠の横内先生と二人で帰り、社員を大切にする建築事務所の経営のあり方に共感しながら

帰宅しました。

この場を作ってくださった谷口社長に感謝いたします。

 

看板デザイン

現場に置かせてもらう、看板デザインが完成しました。

家印スタッフ岩永のデザインです。

健康企業宣言

社員を大切にする会社を目指す時に、絶対に欠かせないひとつが『健康に働ける環境』です。

以前は、あまり健康に配慮していない会社でしたが、今は社員の将来を考え、様々な取り組みを行っていま

す。全国健康保険協会さんが取り組まれている健康企業宣言をし、認定され銀賞をいただきました。県内

登録18600社の内、認定されている企業は53社とまだまだ少なく、その中でも小規模な会社としては5例

目、下新川地域では初の受賞企業となりました。

家印は独自に色々やってきた事で、調査員の方に「こんな会社見たことがない」と言われるくらいの、健康

に取り組んでいる会社になっていたようです。

未来も社員が元気で長く働ける会社を目指し、これからも健康維持に取り組んでいきます。