2017年 9月

消えてたまるか朝日町

本日から

「消えてたまるか朝日町」

が富山県内の書店や北日本新聞販売所さんから発売されました。

 

朝日町は少子高齢化による急激な人口減少、過疎化から消滅可能性都市と発表され町です。

生まれ育った故郷を何とかしたいと思い、地元の方々の様子や私たちの仲間と一緒に町再生に向けて奮闘してきた昨年の活動の様子を北日本新聞社の記者 浜松聖樹さんが8カ月にわたり朝日町の職員となって入り密着取材したものです。

記者自らも一緒になって町を元気にするために我々の仲間になって一緒に頑張ってくれました。

 

この内容は新聞で連載記事となったもので多くの反響をいただきました。

この町はもうだめだとか悲観的な意見が多いのですが、私は消滅するとは思っていなく、仲間と一緒にできることをし何とかするんだと決め、小さな奇跡をおこしそれが継続し積み重ねていくことで大きな成果につながっていくと信じています。

人口を増やすことは簡単ではなく現実厳しいですが、ここにいる人の暮らしを幸せだと思う方を増やすことは可能であり、そンな幸せや笑顔の姿からここに来たいと思っていただける人を増やすことは可能だと思い取り組んできています。

これからも活動を続け成果を出し続け、みんなの存材が町の希望になっていくと信じています。

 

御興味のある方は是非読んでください。

 

 価格1200円+消費税

 

これから一緒に事業を育ててくれる仲間を募集します。(2018年度社員募集) 

楠の一枚板の塗装…

楠の一枚板を研磨、自然塗料を塗装しました。

研磨は、目の粗い紙やすりから始め、徐々に細かい目のものへしていきます。
天面がツルツルの状態になるまで丁寧に何度もサンダーをかけます。

その後、自然塗料を施していきます。
塗装は「拭き取り」という方法で行います。
布に塗料を染み込ませ、手早くむらの無いよう全体に広げます。
その後乾いた布で馴染ませながら余分な塗料を拭き取っていきます。
この方法で何度も上塗りして塗装しています。

今回は、反り止め系×1、浸透系×1、撥水系×2、計4回を裏表行っています。
塗装は、木の種類や季節、環境によって乾き方や塗料の染み込み方等々変化するので難しい作業の内の一つです。

無垢の天板は、環境や経年変化で多少なりとも反りや割れが生じてくる可能性が高い商品です。
それは木が生きて呼吸しているからです。
そうした経年変化も愛おしく思いながら使用して頂けたら、加工側として大変嬉しく思います。

今回は県内のある店舗さんのカウンター材として旅立っていきました。
どうぞ見つけた際は触ってみてください。

 

 

 

これから一緒に事業を育ててくれる仲間を募集します。(2018年度社員募集) 

 

 

 
岩永

地域貢献

おはようございます。

 

昨日会社のミーティングで、先日の魚津での講演の話の続き、地域の人に貢献をする奥深い話や、今後の物件の話や、新メンバーのイベント企画話や、学びたい本を読んだ感想、アチーブメントの青木さんのDVDを鑑賞し社員育成についてみんなで学びました。

 

会社としての地域の人やお客様への貢献についてはボランティアばかりになりそれが当たり前にしていただけるようなことになっていくと、そこからは直接利益がないので経営も圧泊し経済的に苦しむのでバランスが大事で会社としてルールを考え貢献の範囲をどこまでいいかを決め、ルールの中でそれぞれの判断で貢献していくようにしていく方向にしました。

 

地域貢献は必要なことであり素晴らしいことです。

しかし負け勝ちもよくない。

地域のとっても企業にとっても勝ち勝ちの状態を常に考え行動していくことがとても大事なことで、内容によって受けることや時には説明し勇気をもってお断りすることも大事です。

 

地域貢献の考え方ややるべきことが整理されているほど効果的にお互いが幸せであり会社も存続繁栄できることにつながっていきます。

私たちはさらに効果的な方法を選択し地域との長期にわたる共存共栄を作り上げていきます。

 

 

 

これから一緒に事業を育ててくれる仲間を募集します。(2018年度社員募集) 

手打ちそば くちいわ

泊駅斜め前に そば&夜お酒が飲める くちいわ さん

古民家をDIYでリノベーションしたお店ができます。

毎日のようにいろんな方からオープン日はいつかきかれますが、私も本当に知らないのです。

秘密にされているのでお楽しみです。

これから朝日町の町中には今ある建物を再利用した拠点がいくつかできてきますので楽しみです。

 

 

これから一緒に事業を育ててくれる仲間を募集します。(2018年度社員募集) 

働き方改革2

働き方改革2

先週末、専門家による社員一人一人の家計簿の確認から老後までやっていける資金計画を出してもらうための個別相談を行いました。

長寿命高齢化社会や今後の物価上昇などを考量すると将来老後経済破綻してしまう方もおられるので、そうならないためにそれぞれの資金計画と、それぞれがこれからいくら稼ぐ必要があるのか?

また今からいくら蓄えていかなければいけないのか?を知ってもらい、それぞれが経済観念を高め、必要額を稼げる会社にするためにそのためにはどれだけ売り上げが必要で、それを実現するためにどれくらいの生産性効率化が必要でどんなことをしていくべきか?

個々にやるべきことまでわかりますので逆算の思考で目標設定して実現できる会社にします。

社員を大事に考える組織にすると決めることで行動や対策も変わり、できないことを考えるのでなく、社員の幸せのためにどうしたらそれを実現できるかを考え行動していく組織にしました。

会社の目的、理念が明確になりその軸ができたおかげで、それを実現していくため様々なことに順番に取り組んでいきます。

 

 

これから一緒に事業を育ててくれる仲間を募集します。(2018年度社員募集)