2017年 1月

働くことについて

おはようございます。

今日はほっこりするスタッフの日記を紹介

16388009_1238982456192506_2848291351170206732_n

会社で働けることが幸せだと感じられることは生きていくうえでかなり大きいことではないでしょうか?

多くの人が働くことに不満だったり、辛かったり我慢し働いているのではないでしょうか?

人生の中で長く時間を費やす働くということが幸せだと思え、そして感謝の気持ちがもてたらその方の人生はより幸福になります。

会社の目的はいい会社を作るということ、その中の大切な一つとして社員を幸せにすることにあります、社員が生き生きと明るい表情で働いている環境に人は自然に集まってきます(お客様、優秀な人材、関連会社 職人さん)協力する方が広がり、結果としその組織は繁栄し長期に存続していきます。

理想論のように思うかたも多いかと思いますが調べると現実そのようないい会社は日本に沢山あります。

会社は経営者のためのものでなく、みんなのものです、みんなが生きていくために、みんなが幸せになるためにあります。

私たちの会社はまだまだですが、このようなうれしい日記をプライベートで書いてくれたり、仕事にやりがいを持ってくれ頑張っている仲間、そしてここで働きたいといってくれる若い方たちがいて本当にありがたく思います。

今日も一日 みんなで頑張ります。

空き家で町を再生

昨日は朝日町再生会議の発表と小学生の町の未来を考えた発表がありました。

16298767_1238216892935729_2686856119670049698_n

私たち定住・交流班では下記の項目について提案しアイディアを出し合いました。

・朝日町の個性ある人材能力を活用した移住につながるマンガプロジェクト 今年3月1作目完成予定

・移住してきた人たちによる移住者が移住者を呼び込む、朝日移住 体験ツアー 今月から実施、早速移住希望につながりました、今後も少人数制で定期的に開催予定

・増加している空き家を利活用促進 町全体、官民連携して取り組む仕組、現在4団体と連携実施中、これにより空き家の情報とマッチング件数増加中

・空き家を貸家に利活用を促進するための補助制度を作る(昨年4月に仕組みができ現在までに5件活用し移住につながりました)

・町中心部の空き家を活性させ人が集まるユニークな町にしていくアサヒリノベリア構想、実施中。

・空き家を店舗や事務所につなげている計画と今までの実績報告と今後いい事例がさらに増加して行く傾向にある報告

・町の顔である駅前にある元料亭旅館だった古民家(空き家)を移住者の総合窓口や移住者と町民の交流の場 地域おこし協力や空家促進の拠点 周辺のお店をつなげ集客を増やすための拠点としリノベーションし利活用していく構想、地主に承諾を得て現在議論進行中

・空き家を活用したUIJターン向けのお試し住宅 町暮らし海暮らし山暮らしこの3つの体験施設の提案と現在の着工状況報告今年3月に1件目が完成予定

・移住への環境提供も大切だがそれ以上に来た後のフォローがもっと大切で、移住者同士や地元町民とがつながりやすいコミュニティーの場、継続サポート

これらすべてについて成果を出すと宣言し、そして現実に成果を出しはじめており、今後さらに大きな成果が期待されています。

今後が楽しみです。

上棟式

本日は新築住宅の上棟式でした無事骨組みが完成しこれから仕上げていきます。

今日は富山市から新たな新築住宅の予約をいただき会社にとってもいい日となりました。

16265461_1238459432911475_4814220297781240950_n

少しづつですが県内各地に家印株式会社の存在を知っていただける方が増えていてありがたいです。

誕生日にプレゼント

社員のみんなから母の誕生日にプレゼントをいただきました。

富山は雪で寒いけど家印株式会社はいつもあったかいです。

IMG_0159

古民家を利活用した店舗併用住宅

古民家の良さをどう活かすか?
天井をはぐらせてもらったら予測どうりいい感じです。
仕事するのが益々楽しくなってきました。
15940920_1222718151152270_1291085973587891434_n