2016年 6月

責任の取り方についてと最も信用を得られる方法について

2日前に現場でトラブルがあり丁寧に慎重にやったことが逆に裏目に出てしまい隣の家の外壁の色を落としてしまいました。

ご迷惑をかけたときの対応が大事たと思い、すぐに謝罪しまず誤り粗品を渡し、今後の責任の取り方も 部分補修しても後から色むらが出てくる可能性があるので中途半端に補修するのでなく、お客様の立場を考え全面新しいものにはりかえの決断を即しました、これにより30万円台の損失が出ることが発覚 しかしきちんと責任を取ることで、今後もお客様とは円満な関係を築けます。

建築はリスクが大きく逃げ出したくなるような金額の責任を取ることもありますが、その時に早い対応と早い判断と責任をしっかりとる、これが信用を得る秘訣です。

ごまかしたり 隠したり 逃げたら お金の損失は小さいかもしれません、会社は儲かりますが、ばれたらお金よりももっと大切な信用を失う可能性があります。

私は自信をもって言えることは、自ら責任を取ってきました(過去に1件だけあまりにも理不尽なクレームに責任をとれなかったことはあります)がそれ以外はすべて取ってきました。

正直大きな赤字になったり大変なことも何度かありました 施工会社にミスをごまかさないよう壊して作り直させたこともありました、施工会社が責任取らなくても自分でかぶる覚悟を決断し伝えます。

責任を取ることはやはりつらいです、貧乏になる恐怖もあります、しかしお客様の立場を考えるとあたり前の決断だと思います。

(今は会社で保険にしっかりはいり大きなお金をかけていますので保険で補償されていますので以前のような恐怖はなくなりました)

人間がやることなのでミスはあるし大切なのはミスした時の対応がどうかで決まります。

目先の利益より 信用を積み重ねることで長期的な繁栄が得られると信じ10年やり続けてきました

起業してから長く経済難で苦しんできました、信用や信頼を広げていくにはこつこつ実績を積み重ねていく必要があるので年数を費やしましたが、おかげさまで今では口コミの相談件数は毎年増えています。

こちらから営業はほとんどなく受け身状態ですがいろんなところから情報が集まってくるようになりました。

みなさんに伝えたかったことは、目先の利益より未来の信用がもっと大事で誠実や信用に勝るものはないということです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

感謝

今日も無事仕事を終えることができました、やりたい職業につき、常にやるべきことが先まであり、生活ができる状態になり、大切な仲間の生活の支えになっている。

仕事して報酬をいただき給料をもらって生活していることは普通であたりまえなことに思う人もいるかもしれないが、私にとってはとても素晴らしいことでそれだけですごく感謝できるんです。

普通に生きてきてたらこんな感覚は得られなかっただろうが普通ではない人生を歩んできたから得られるものも大きく過去は無駄ではなかったと思えます。

今は多くの人に必要とされるようになり幸せです、私の未来はきっと明るいです。(^-^)

アンケート結果 I邸

みんな顧客満足を上げるスキルが上がりました。

とてもうれしい!

社員みんなが安定して満足度が得られるようにさらにレベルUPに取り組んでいきます。

5

お客様アンケート結果

今回も満足をいただきました、ありがとうございます。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

顧客満足度の高さに挑戦

建築は思い違いや確認事項が多い難しいクレーム産業といわれるくらいの業界で自社も昨年かかわっていた物件で初の不満足を出しました、悔しくて悔しくてそこからいろんな本を資料集めて学んでいます。

もっと顧客満足度を得られるように、できることから社員全員で取り組んでいます。

今アンケート結果全体の7割以上が 最高点の大満足 満足は約8割得以上得ています、今後目指すは満足9割以上 この業界ではかなり高い目標値ですが、この分野で地域NO1を目指していきます。

13301243_1025956710828416_3472828386339708967_o

13323821_1025956697495084_4576846158916644771_o

今回工事をさせていただいた2組のお客様そして担当した社員に感謝します ありがとうございました。