2015年 11月

超省エネ住宅

現在北陸地域で超省エネ住宅を造らさせていただいております。
省エネに効率が良い方角や風通しを考えて設計していること
壁・天井は3重構造の断熱遮熱施工
窓はトリプル遮熱ガラスの木製サッシと樹脂サッシ
その他にヒートショックゼロ住宅として地中熱を活用した全空間輻射熱で足元からあったかく温度差がない吹抜けがあっても温度差が小さく暖かい。
夏は自然の力を活用し足元からひんやり涼しい。
写真は羊の毛を活用した羊毛断熱材を入れた写真です。
12325773_916621658416205_2052363597_o

この断熱材の魅力は調湿度効果が高く、木がどの断熱材よりも最も長持ちしやすいこと 環境に良く室内だけでなく壁内空気もよいこと しっかりした断熱性のがあり弾力性が高く隙間もほとんどなく施工できることから採用しています。
長期的の使っていきたい住まいとの希望でオーナー様こだわりの高品質住宅です。

家造りに対しての私の考え方

家を新築するということは、その方にとっては大変重大なこと、完成するまでのサイクルが早ければ早いほど効率もよく採算性もよく沢山数をこなすことができますが、じっくり話し合い時間をとりもっと良くなるためにどうしたらいいかということを会話していくことからよいアイディアやヒントからいいものが生まれてきたり、忘れやもれも無くなります。

じっくりやりたい方にはとことん最後まで付き合います、なぜなら後悔が少なくなることや満足度が高くなるからです、安心して何度でも話しや変更ができるように設計価格は常識の範囲であれば同じです。

手間がかかる仕事をしていますので数を沢山こなせませんので値段は激安にはなりませんが材質や品質から見たら高くはないです、理由は直接依頼を受け直接担当し設計した物件の顧客満足度がアンケート結果で高い満足確率が9割以上と高いので口コミで常に依頼予約がある状態で仕事はこちらから取りに行くことはありませんので営業経費が最小限に節約でき宣伝広告、展示場、事務所固定費などほとんどかけていなく、徹底的に節約をし設計や建てる家の中身により効果的に予算をかけているからです。

経営にはいろんな考え方やり方がありますが、私だったらこんなところに依頼をしたいと思えることを実行に移してきました、常に学びもっと良い方法があれば実行しその時出来るベストをこれからもみんなで一丸となって積み重ねていきます。  坂東秀昭

建築の利活用が増えていく

おはようございます。
うちの会社は8時からなんですが7時から電気ついてて7時45分には全員仕事についています。
特にルールを作ったわけでもないですが自発的にやっているところがすごいです(^-^)

仕事の相談も数年前と大きく変化してきたことがあり、新築の依頼がほとんどだったのですが、古民家や町屋、既存住宅や店舗などのリノベーションやリフォームや増築などの相談が激増し常に4~5件は県内各地で工事やっているような状況です。

今はたまたま新築の依頼も多いのですが、時代の変化とともに新築より既存建築を利活用していく率がかなり高くなっていく状況で、自社も時代の変化を見据えて対応していきます。
↓過去古民家再生住宅事例ユーチューブ動画 
https://www.youtube.com/watch?v=Y4Wt7qQSgqo

既存古民家を、生活しやすく冬暖かく建築コストや維持コストが最小限になるよう無駄を省きあるものを再利用し工夫して作った住宅です。

今日も一日頑張ります(^-^)

古民家利活用研修旅

先日 社員旅行で飛騨古川と高山に行ってきました。

現地で働いている富山出身の友人の原井さんと現地の古民家再生のプロの建築家の方にガイドをしていただき 古い街並みや伝統建築工法、現在施工中の街中にできる古民家カフェ、空家だった大きな古民家をレストラン&シェアハウス&ゲストハウスとし利活用し国内外の人が沢山集まる素晴らしい拠点に生まれ変わったもの、高山の古民家を活用したゲストハウスや自然散策など沢山見てまなばさせていただきました。
IMG_4895
IMG_4885
IMG_4891
 
改めて感じたことは古いものでいいものは壊すのでなく活かすことで新しい物以上の価値が見いだせそこに人が集まる拠点になることを実感しました。

富山でも古いものの魅力を有効に活かした人が集まるよい拠点を増やしていきたいと思います。