日記

再会

先日、富山県中小企業同友会企画イベントで、日本で一番大切にしたい会社大賞で有名な坂本光司先生に再会しました。

講演内容は、共感できて納得いく話が多く、今会社で取り組んでいる方向を仲間と一緒に再確認できとてもよかったです。今回は経営者だけでも200名くらい集まった大きなイベントでした。これをやりたいといわれた荒木さんに協力でき、実現、目標達成できてて良かったです。

労働環境

労働環境をしっかり整備していくために、社労士事務所 LaLaコンサルティング の中村

さんに来ていただき、計画を立て段階的に整備していただいております。

今まで自分たちでいろいろやってきた方だと思っていましたが、やはりその分野にたけ

ている専門の方に、丁寧にサポートしていただいた方が早くメリットもありお得です。

これから段階的に整備し、よりよい会社にしていきます。

小学生の夢

昨日、さみさと小学校のタラ汁給食を小学校の5年生と一緒に食べてきました。

朝日町の学校では、伝統のタラ汁を毎年食べています。

今回、将来どんな仕事につきたいのかをクラスの子全員から聞かせていただきました。返ってきた答えは、まだ考えたことがない子や夢が大きい子、現実的な子など様々で、意外だったのは公務員になりたいと言った子は一人もいなかった事です。

私は小学5年生の頃の将来の夢は社長になることでした。理由はいい車に乗ったり、豊かな生活が出きるということでした。あれから30年以上が経過し、気付いたら株式会社の社長になっていました。あの頃思い描いた豊かさはまだ実現していません(^^;)が、そこに向かっている姿を見て不思議な感覚です。

夢は現実になるかもしれないので、小さな頃から思い描かせるのは良いかもしれません。

リノベーションまちづくり

先日、新潟県糸魚川市のリノベーションまちづくりシンポジウムに参加してきました。

これからどんな町を作っていくのかを学ばせていただきます。

おはようございます。

今日は働き方とお金について。

 

建築設計の会社の多くはブラック企業です。休日もかなり少なく、長時間労働は当たり前、残業手当がない会社もかなり多くあります。リスクも高く高度な仕事をしているにも関わらず、スタッフの時間あたりの給料は低い会社が多いです。

過去、私は手当もボーナスもなく、昇給や休日もあまりなく働いてきましたが、自分に能力がなかったのでこれは仕方ない事だと思っていました。でもこれからの若い人たちに同じ環境を押し付けるのは違うと思います。社会や業界のせいでなく、経営者がちゃんとしなければいけないのだと思います。

いろいろ学びに行き、毎年労働環境を改善しています。来年度からは社員は希望すれば年間の約三分の一は休める会社とし、残業時間の削減、退職金積み立て、子育て手当、毎年昇給、託児ルーム新設など毎年計画を立てて少しづつ良くしていきます。実現するために、応援してくれるパートさんや社員を増やし、年間の数を制限し完全予約制とします。相見積もりや採算が合わない仕事はなるべくお断りし、誠実に正直な見積もりを出していますので値引きをやめます。

また仕組化から業務効率を高めたり、信用やブランド価値を毎年高め、関わるみんながもっとWIN-WINになれる組織を実現化させます。

お金は、私たちが積み上げてきた経験や知識、実績や労務に対しての報酬であり、費用に対し納得していただける同士で契約し取り組むことが大切だと思います。その為には価値を高め続け、沢山の人に喜んで頂く為に毎日積み上げていきます。