日記

人は誰でもよくなることができる

おはようございます。

昨日は富山市で「人は誰でもよくなることができる」というテーマでプレゼンテーションをさせていただきました。

 

自分の生い立ちから今に至るまで、具体的に何を学んでどんなことに挑戦し実行してきたかを話しました。

質問に応えているときに改めて気付いたことは、やはり最も大切なことはまずは人生の目的、自分が生きる目的を明確にすることだと感じました。

そのイメージが明確であればあるほど、自分の人生が映画のようにくっきりエンディングまで見えてきて、迷いもなくなり行動に移し何度も挑戦をし到達していくと感じました。

なかなか最初から簡単に明確になりませんが、日々学び考えることを継続することでで見えなかったものが断片的に見えてきます。

それでも中々すっきり鮮明になるまで見えないのですが、意識して見続けることであるときにパッとすべてが繋がり見えました。

ここまで明確に見えてくるまで、私は10年以上かなりの年数を費やし、いろんな迷いやわからないながらもがいていましたが、

今は明確なゆるぎのないものをを見つけ出すことができ爽快というか、空がくっきり晴れた状態になり人生の最終ゴールに向かって迷いなく行動ができます。

今日は変な日記ですいません。とても爽快で書きたくなりました(^^;)

今日も一日人生の目的達成に向けて一歩前進します。

挑戦について

自分の人生を振り返ってみたら停滞期は少しあったものの、学生時代から常に挑戦している人生でした。

今も相変わらずいろんなことに挑戦しています。

それも自分にとってはハードルが高いことに挑戦してしまうので、本音は辛いなーとかしんどいなー、もっと楽になりたいとか感じたりもしたりしています。

 

過去達成できなかったことは沢山あり、努力が報われず挫折したこともあります(^^;)

でもなんでかまた新たな挑戦の選択をし、いつも挑んでいます。

あの気軽に挑戦の選択をやってしまう感覚はいまだによくわかりません。

後からなんでこんな大変なことやったんだろうと後悔したりもあります(^^;)

でも常に挑戦をし続けることで、成長進化し道が開けていったり、

多くの人に勇気や希望を持っていただけることになっていったり、

多くの人の幸せに貢献出来たり、

結果的には自分だけでなく会社や社員や地域の未来につながっていってます。

 

挑戦するということは大変なことでもありますが、何歳になっても常に挑戦するということが、

人の希望や感動を生み未来を明るくしていくことにつながりますので、

これからも健康に害しない程度に挑戦をし続けていきます。

 

 

移住者の活躍

朝日町では移住してきた若者たちがいろんな場で町を元気にしようと活躍している。

以前より話題が増え明るくなったと感じる。

若い人たちが田舎暮らしで生きがいを持ってもらうためにやりたいことをさせチャレンジさせていく環境を作ることも大事。

あとは今まであった町の各地区のイベントや地域の人が求めているニーズにみんなで取り組み支えていけたらもっと素晴らしいことだと思う。

町を元気にするということはいろんな問題はあるが、常に挑戦しているのでそこからきっと成長進化し何か素晴らしいことが生まれてくることを信じてこれからも応援していきたい。

私たちも企業の立場から地域を元気にするために様々なチャレンジをし、みんなで力を合わせ盛り上げていきます。

 

ゆるく広がる

昨日は講演の後、空き家を利活用した朝日町のヒュッゲさんで、

いろんなものがコラボしながら、こたつでだんらんするゆるゆるなイベントに参加しました。

 

なんかいい感じで、場を作ることで人と人がつながっていろんな科学変化がおきていて面白かったです(^_^)

大雪にもかかわらず沢山人が来てのんびりした空間で楽しい(^_^)

 

空き家を有効活用し、いろんな人が集まり楽しめる場を町つくりたかったのですが、

それが自然な形で広がりつつあり幸せを感じたひとときでした。

 

講演会後記

2/12(月)に魚津市さんからの依頼で50分間の講演とディスカッションをさせていただきました。

 

今はやるべきことが多い中プレゼンの準備に使える時間も限られており、今回は時間内に最後まで話せるかとても不安で緊張していましたが、

講演前に市長にやさしいお言葉をいただき、いつもよりガチガチにならずに何とか時間内にやりきれました(^^;)

 

以前は自分が生きていくだけで精一杯で自立できずに家族や社会に迷惑をかけている存在でしたが、

今はいろんなところから必要とされるようになり貢献できるようにまでなりました。

本当に大きな進歩であり、沢山の人たちのおかげでここまでこれたことに感謝したいです。

 

思い描くとこまで到達するにはまだまだこれからですが、

挑戦を繰り返し実を作り続け、多くの人に勇気と希望をもっていただけるようにこれからも頑張っていきます。