建築知識

建築工事をする際のお金の落とし穴について

建築はお金の流れが最もわかりにくい業界で資金計画が立てにくいものです。

例えば新築住宅を建てるのに建築の費用は2,000万なのに、税金やそれぞれにかかる様々な経費を考慮すると2,500万以上になることがあります。

それに加え追加の支払いや銀行の金利なども含めると総額3,000万円支払うことも・・・・

これではいくらかかるのかわからなく計画がなかなか立てにくい状態です。

 

建売や企画住宅なら過去の例から出しやすいのですが、特注の住宅は予測を立てにくいのが実状です。

そこで弊社では全ての金額を出すことを決めています。

 

まず建築の要望を出す前に生涯のライフプランニングを立てて頂きます。

物価上昇も考慮し老後の見込みをしっかり立てて頂いた上で逆算し、建築にいくらくらいまでかけていいのかを想定した後に打ち合わせ・設計をスタートさせていきます。

建築のお見積書を提出させて頂く時に、家具や家電や庭工事も含め全てにかかる経費を予測し追加工事も含めて総額いくら必要なのかを説明させて頂きます。

また出費だけでなく各種補助金を調べ総額いくら入金が得られるのかも調査し予測を立てていきます。

借り入れの仕方、金利を下げる方法の提案、総額その差額、性能向上により長期的にお得になるプラン提案、等々の提案をさせて頂いております。

 

建築費用がいくらかも大切ですが、それ以上に住まいに総額でかかる経費がいくらか、また長期的な維持負担にも配慮し提案させて頂くようになりました。

細かく予測を立てていくことで予算が追加になるお客様は減り予算以下に収まるケースが増えております。

 

いろんな資料集めや裏付けも取る必要があるので手間はかかりますが、資金のことはとても大切なことです。

お客様にきちんとさせて頂くことが安心や信頼につながっていくのではないかと感じています。

 

 

昔はここまで細かくできていなかったので、お客様に資金的な不安を与えていて申し訳なかったです。

今後は人生設計から資金計画もしっかりやっていきますのでご安心ください。

家印は今後もこうした取り組みを継続していきます。

 

 

▶ 家印 Instagram        ▶ 家印 Facebook       ▶ 坂東 Facebook

 

これから一緒に事業を育ててくれる仲間を募集します。(2018年度社員募集) 

 

セミオーダータイプの高品質の家印オリジナル建築

仕事の数が増えていく中で次のステージへ進むために、セミオーダータイプの高品質の家印オリジナル建築を作り上げていきます。
自社では規格標準化できるとこは決めてしまい、誰でもわかりやすくできるようなものにしていこうと思っております。
今までは設計事務所で長年やってきていたのもあり完全フルオーダーのものが多かった、そこにはこだわりも強くやりがいもあり顧客満足度も高かったからだ、しかし毎回違うもの違う材料違うおさまりの仕事は時間と手間がかかりすぎ生活面は採算効率が悪くよくはなかった。

 

そこで今までの方式のもとは別に使う材料や収まりなど一定のパッケージ化されたものとしオプションで変更可能なものも作っていく理由は会社の利益を確保するためだけでなく かかわる社員やお客様、職人さん業者さん それぞれがよりWINーWINの関係を築くためだ。

 

お客様にはより安く材料を仕入れることができることやよりシンプルにわかりやすく良心的にできる。 建てるまでの工期も短縮することにより予約待ちの日数をより短くしていくことにつながる。
工事業者はおさまりが同じものとなることで考えること手が止まる時間が減り 予測もつきやすく採算も合わせやすくなる。
仕入れ業者は手間を省き業者をある程度決めてしまうことで、い物件当たりの利益率は下がるかもしれないがメーカとも交渉することで最低ラインを確保し手間が減り数が増え見合うようになる自社は物件数のこなせる数が増え 利益も確保しやすくなり社員に還元していけ老後まで不安のない会社を目指す。

 

地域には多くの仕事をもらたし経済効果を高め、自社も社員を増やし納税額を高め貢献していくかかわるかたをより幸せにし存続していくためにセミオーダーのほうも実現させます。

日本の住宅建築の価格と家印の価格について話をします。

日本の住宅はこの10年で坪単価約10万円上がっています。
材料高騰や性能向上、耐震性や省エネ化いろいろ要因はありますが実情を記載します。

大手量産ハウスメーカーさんの平均坪単価は2015年度で84.6万円現在は85万以上 総額で3400万前後

富山県の平均坪単価(大手さんや中小の会社を含めて)2012年で63.5万 現在は65万程度だと予測します。
平屋住宅の場合は80万近くになると思います。

業界のことを知らない方は高いと思われがちですが富山県は全国的に見てかなり安い設定で、価格競争率が高く建て主にとってはメリットが高く、逆にこの業種の職業につかれている方は大変なとこが多いのが現状です。

住宅価格についての詳しい資料データーはこちらになります。
http://www.towntv.co.jp/2009/12/post-7.php

価格はなぜ大手量産メーカーと中小企業でここまで大きな違いがあるのか?

大手さんのほうが材料の仕入れ単価は安くある程度規格化標準化されていますしコンピューターで自動見積もりや申請まで出てくるところが増え効率化も高いのですが、営業や宣伝広告費、展示場、人件費も開発費用多くかかるので単価だけで見たら割高になりますが、ブランド価値=見せ方のうまさや性能や安心感の価値なのかなと思っています。

私は最初違和感がありましたが、いろいろ経営のことを勉強し今はお客様が価値を感じ満足いただければ価格も売り方もいろいろあっていいと思っています。

大事なとこはその方にとって満足いくものかそうでないか?そこが一番大事だと思います。

建築は高いと思われがちですがそこに到達するまでの開発費用研究費用 人件費 手間 各種安全対策費 保険 税金 職人さんたちへの経費 材料費その他いろんなものがかかっていますしリスクも高い商売で アフター補償もしていく必要がありますので、一人一人のお客様に合わせて真面目にちゃんとやっている会社にとっては決して労力に対してはおいしい商売ではなく大変な仕事です。

ちなみに家印株式会社でも会社存続のために仕入れ材単価の変動や性能向上に応じて改定しています 現在は新築住宅2階建てですべて含め建材をほとんど使わず無垢材や塗り壁自然塗装メインで材料にも職人さんにもこだわった標準的なもので60万~70万 平屋住宅だと70万~80万 単価の幅は使う材料や設備や設計内容や大きさにより違い面積が大きくなればなるほど坪単価は安くなります。

最初に追加予測予備費用も含めて(使わない場合は全額返金しています)正直にかかる総額費用をお伝えし公開しています。

坪単価だけで見たら特別安くないですが納得いくまで何度でも設計しオリジナル性が高く使用材も長期的に見てよいものを使い、断熱や耐震性能も毎年高めており、内容から見たらかなりよいと思います 営業がいなく宣伝広告、展示場がなく、相見積や競合の仕事などロスの可能性が高い仕事は一切せず、予約優先対応しており無駄が少なく、会社の維持経費を最小限にし中身に投資する考え方、そして各業者さんや職人さんたちの協力から実現できている内容であるので実現できています。

まだまだ絞り出せるとこはあるとみて常に改善し、お客様にとって良いと思えるものを提供し続けていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

自然素材へのこだわり

地元の製材所さんでカウンターに使う1枚板3枚を業者価格で仕入させていただきました。

自然素材や無垢材にはメリットデメリットありますが家印では健康で長く使え古くなっても愛着が持てる建築にこだわっており自然の素材を使っています。
いままであらゆるいろんな材料を使用してきましたが、やはり自然の素材を使った家が落ちつきがあり室内環境や空気もいいし、古民家の仕事もしている関係から劣化してもいい材料とダメななる材料を見てきたこともあり、自分たちが本当にいいというものを勧めていきたい思いから家印(株)では自然素材にこだわった一貫性を持った建築を今後さらに強化しています。

無理難題から進化していく

吹抜けがある開放的な広い空間 大開口で大きなガラスがあり外の景色が一望できる明るい空間 あこがれですが、このような家は空間や見た目はいいけど 夏熱く冬寒く光熱費がかかり維持していくのも大変、冬は暖房の熱が上に行き下は寒そう・・・建築費用もすごく高そう、物理的にはそうなってしまうのですが。

あるお客様のこだわりから始まりました 吹抜けは広く、大開口の木製サッシがほしい 寒い家は嫌だ、光熱費も抑えたい建築費用も限られている維持費用もなるべくかからないように、冬乾燥しすぎないほうがいい 無垢材を使いたい 最初話を聞いたとき無理な話だと思いましたが

その思いをどうやったら実現できるのかを考え、いろんなものを調査し始め、建築の性能も学び、いろんな材料を調べ、理想的な方角のこと、ひさしの陰の効果など 複合的に考え一つの建物を完成させた、あたたかく 明るく開放的で 暖まり方がよく吹抜けがあっても1階のほうがあったかい 建物全体が包まれていて暖かい 光熱費はそこそこ 暖房の維持費はかからない、満足していただくことができ 専門業者に1週間調査してもらい温度変化などを建物の性能をデーター化してもらった結果 素晴らしい結果が出ました。

それから年を重ねるごとに改善を繰り返し性能を上げていくこと、そしてコストも抑えていくことに対しても努力し、性能をさらに高めていくため自社施工をはじめ、無理難題の要望がうちの技術力や知識を高める結果になりました。

今でもいろんな情報があれば調査したり試してみたり 見積もりを取ってみたり 費用対効果を考え何がうちの設計した建物に一番いいかを繰り返しています。

そして今 無理難題の要望を叶えたいお客様が増えつつあり、おかげでやりがいのある仕事が増えました。

写真は最初に実験させてもらった住宅です。

020231

今後も技術力を高めてさらに進化をしていきます。